2008.5.28(水)


クリトリス・ガールズのワンマンライブに行って参りました。月曜日。
前回、前々回はTPDのオープニングアクトで参加。
今回は観客として。

めちゃくちゃかっこよかった。
このバンドに出会えて良かったと、つくづく思う。

【写真:この日のオープニングアクトであるアイドルユニット、
FICEのお客さんが持ってきていたパペットが可愛かったので思わず激写】

22

2008.5.24(土)


【写真:楽屋にて暴力事件発生】

新宿Liveたかのやにてロックして参りました。

2008.5.21(水)@新宿Liveたかのや
<水曜器楽会>

【Live Act】Jumelles/鈴木結子&武山瑠美/兼松 衆/The Punky's Dilemma

The Punky's Dilemmaライブメンバー
22:グランドピアノ、引き続き鶴次郎ラヴ
赤尾"八王子"充弥:ピアニカ、TPDマスコットボーイ

セットリスト
1,TPD #0801
2,050910
3,Lipstick
4,"Fw:"のテーマソング
5,060211-2(060211ライブ用re-edit)

本日のイベントはクラシカルな曲を主にやっている人達のラインナップでした。
けれど、この日お越し下さったお客様から、「TPDはグランドピアノでロックしている」というコメントをいただきました。

そーなのです。
TPDは基本ロックなのです。

もうこうなったら言ったもん勝ちよ。

さて、次回ライブは6/13(金)@
高円寺HIGHです。
昨日にもましてロックいたします。

22
 

2008.5.14(水)

22が敬愛するオノ・ヨーコさんに倣いまして、インストラクション・アートを一発。
レッツイマジン。

*************************
<オークション・ピース>

架空のオークションを想像して下さい。
以下のお品に値段を付けてみて下さい。
最高額を付けた方にこの商品を差し上げます。

「ロバート・トゥルージロ(メタリカのベーシスト。以下鶴次郎)のカノジョになれる件(来日時限定)」

具体的にはこのような特典・条件がございます。

☆メタリカの
来日公演は全てフリーパス。席は鶴次郎さんが一番カッコ良く見える場所。開演前、終演後の楽屋陣中見舞いももちろん可能。
↓こんなベースを弾いてくれますヨゥ!
http://jp.youtube.com/watch?v=2rFLgrzaC30

☆来日記念に
缶コーヒー"BOSS"をパロった"BOZU"Tシャツ(青)をプレゼントしましょう。鶴次郎さんが激しく喜びます。
↓なにせ、PVの中でも着るくらいです(1:00のところに映ってますヨゥ!)。
http://jp.youtube.com/watch?v=Zbuk96kW9LM&feature=related

オフの日はデート出来ます。概要は以下のとおり。
 1.
移動手段は基本的にJR中央線。もち、手をつないで終始ラブラブ!!
 2.デート中のお食事はラーメン、立ち食い蕎麦(他麺類)、焼き肉などの
エコノミーコース。
 3.鶴次郎さんの早朝サーフィンがある時は、朝6:00に起きて
中央線で移動。
 4.鶴次郎さんはオロナミンCがお気に入りなので、疲れてそうな時は差し入れましょう。
 5.逆に、あなたが移動で朝から何も食べていない時、鶴次郎さんは自分のサンドイッチとヨーグルトをお裾分けしてくれます。

ロバートさんの日本名は「鶴次郎」です。
ゴロ合わせで(爆)
¥26,260(鶴次郎)から始めたいと思います。
あなたの現実世界での預金総額はあまり気にせず、好きなお値段を付けてみて下さい。

なお、このオークションによる収入は全て、四川の大地震被災者並びにミャンマーのサイクロン被災者へ寄付されます。









【注:本物の鶴次郎さんは妻子持ちです。】
【参考url:
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/Metallica/06_liverepo_japan3.html
*************************




詩ボク神奈川予選おっこって凹んだけど、22は元気だよ。
次の東京大会に向けて頑張るよ。

だるまさんが転んだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

22

2008.5.1(木)

ベーシストの嫁志望歴早22年の22です。
そんな22のベースヒーローは増田力司(
oblivion dust)です。
肝心の力司兄さんは結婚にさほど興味ないらしいが><(某雑誌インタビューでの発言)。

なのに兄さん
「趣味はデート」と公言しているのです。

まだ望みは絶たれていません。
恋人からのスタートを狙いましょう!!!


dimension前の日記(4/12付け)ネタの続きです。

N響の首席オーボエ奏者である茂木大輔センセイが、『オーケストラ楽器別人間学 』というエッセイを執筆されています。一般的オーケストラでの使用楽器についてのみですが、「どんな人がどんな楽器を選ぶのか」「いかなる楽器がいかなる性格を作るのか」にまつわる、茂木センセイの観察力とユーモアと独断と偏見に充ち満ちた奇妙な分析本です。お暇でしたら是非ご一読を。

で、22はベーシストなので、低音人に多い例を2〜3、まとめてみました。

*美術系(?)兼業ベーシストが多いかもしれない。
例:かわいしのぶさん@元super junky monkey(イラストレーター)
  メリッサ・オフ・ダ・マー@元Holeなど(写真家)

*ベース以外に楽器が複数出来る。演奏中に持ち替え可。
例:パズ・レンチャンティン@元A perfect circleなど(バイオリンなど)
  22@the punky's dilemma(ピアノなど)

→低音楽器はソロ楽器として独立しにくい分、バンド以外の場面では低音以外の特技も充実させやすい。あるいは本業が別モノでベーシストを兼業、という逆パターンも多い。

*バンドのリーダーである。若しくは音楽的イニシアチブを握っている。
例:亀田誠治さん@東京事変(椎名林檎時代から編曲家兼ベーシストでの名仕事ぶりは有名)

→低音人は、バンド全体のアンサンブルを一番俯瞰的に見られる位置にいる為でしょう。ちなみに、吹奏楽の場合、指揮者に低音出身者が意外と多いです。

*ベースの持ち方が低い人は顔も濃い。
例:増田力司@oblivion dust
  ロバート・トゥルージロ@メタリカ

そういう分析ありか?

この日記を読んで下さった方々、茂木センセイに負けない想像空想妄想を張り巡らした素敵な楽器別人間分析コメントをお寄せ下さいませ。

一旦脱稿〜〜。

22

戻る